ハワイ挙式・ハワイウエディング専門プロデュース




OUR WEDDING DAY 実例集TOP



名古屋在住のお二人。挙式までのご準備の期間は約1年とたっぷりありましたが
ウエディング直前に、突如3ヶ月間程の海外留学を決行されたアクティブな花嫁さん!
東京のオフィスでは一度もお会いすることができませんでしたが
メールを中心にひとつひとつご相談を重ね、その夢を形にするお手伝いさせていただきました。
海が大好きとおっしゃるお二人がお選びになったのはキャルバリーバイザシー教会。
オアフ島で唯一の海の見える本物の教会です。

Q.ハワイ挙式に決めたこと、キャルバリーバイザシーを選んだ理由
海が大好きで、海といったらハワイ!という安易な考えでした(笑)
海が目の前で、でも、商用チャペルではなく、由緒正しい教会がよかったので、オアフではキャルバリーしかなかったので必然的にそこになりました。

Q.ドレス選びはいかがでしたか?
プリンセスモールの提携ドレス店のフォーシス(Four sis & Co)に行って、一目惚れしたドレス♪今までに見たことがないドレスと出会ってしまい
これしかない!と思いました。しかし、私が一目惚れしたそのドレスはトレーンが長く、ボリュームもあり豪華なこともあって、重量があるため、
フォトツアーにはあまり向いていないかも・・・。とショップで助言されたこともあり、一度は涙ながらに諦めようとも思いましたが、どうしても諦めき
れず、1日中介添えのアテンドコーディネーターをつけることで、一目惚れしたドレスを着ることができました♪それなので、ドレス選びには苦労
はしませんでした。実際、フォトツアーでも、一目惚れしたドレスを着た嬉しさのほうが勝って、全然苦ではなかったし、とても楽しかったです。

Q.プリンセスモールに御依頼いただいた決め手と、準備のときに感じたことがあれば教えてください。
最初は現地窓口しか持たない会社で、安くて素敵なものを。と思ってやりとりをしていたのですが、時差、返事の内容と、その対応に不安が
あって、対応が早く自分の知らない情報を提供してくれる御社に感激しました!!写真にこだわっていた私の希望を叶えるプランやその他も
私の希望するものが全て揃っていたし、しかもとても親切、すぐに不安が解消されました♪とにかく、みっちー(新郎新婦に弊社ウエディングプラ
ンナーのMitsuyoはこう呼ばれていました。)が素敵で、信頼がもてました☆プリンセスモールに依頼したのは、みっちーの存在が決めてです!
準備のときも楽しみ☆という気持ちしかありませんでした♪



【ウエディング当日】



ヘアメイク




9:00

ホテル出発





9:30

教会到着








リハーサル








10:00

挙式
at
キャルバリーバイザシー



















10:30


お庭にて乾杯

写真撮影












フラワーシャワー


























12:00

レセプションパーティー
at
ハレクラニ
プレイベートルーム











海の目の前に広がる教会キャルバリーバイザシーの
ハワイらしい雰囲気に合わせ、挙式には夏の間だけ
ご用意させていただくことができるプルメリアのブーケ
をチョイス。プリンセスにぴったりの可愛らしさ満点の
ブーケにお揃いのヘッドピースでコーディネイトしました



教会までは、アップグレードリムジンの
エクスキャリバーで。
花嫁さんが憧れ続けたこの車。
ハワイに本物のエクスキャリバーは唯一この1台。
挙式のお申し込みをいただいたばかりの頃
この車のご予約もいち早く頂戴しました。
キャルバリー教会ならではの、階段状のバージンロードを一段ずつ降り、海が目前に広がる祭壇の前へ・・・

Q.実際にキャルバリーで挙式してみていかがでしたか?
良かったぁ〜☆教会入って眼下に祭壇があり、その後ろが海。。。しかも真っ青な、、、素敵すぎる♪
あの階段を降りるのが夢でした☆牧師さんのお話を聞きながら海をみたり、理想が現実になって
笑いがとまりませんでした♪実際DVDを見てもそんなに笑ってていいのか?くらいな感じでした。

青空の下での祝福のフラワーシャワー
花嫁さんから新郎様へマイレレイを贈りました

教会のお庭で参列者に囲まれて

挙式を終えたお二人は、ワイアラエビーチパークへフォトツアーにお出かけになりました。


挙式のお申し込みを頂いた当初から、ウエディングの中で、こだわりたい点のひとつとして花嫁さんが望んで
いらっしゃったのが、写真撮影の充実ということでした。フォトグラファーの腕は勿論のこと、その撮影内容、接客、
様々なことを踏まえ、ご提案させていただいたのがVISIONARI PHOTO(ヴィジョナリ フォト)のJON & MIKEによる
ウエディングの1日密着撮影。とにかくお写真にはこだわりたいというカップルの期待を裏切ることのない敏腕
フォトグラファーの二人。有名人気フォトグラファーということもあり、御予約が取れた瞬間から、花嫁さんの当日
への期待は膨らんでいきました。お二人のウエディングのスケジュールにあわせ、プリンセスモールのプランナーと
Visionariのフォトグラファーとでオリジナルで撮影コースを作成。1箇所目のロケーションとなったのがワイアラエ
ビーチでした。砂浜で裸足になって、波打ち際で仲睦ましく楽しまれるお二人の姿。写真から今にも笑い声が
聞こえてきそうな、楽しいショットが沢山撮れました。


レセプションは、ハレクラニのプライベートルームにて行いました。
遥々ハワイまで駆けつけてくださったゲストの方に、充分に楽しんで
いただけるよう、エンターティナーをはじめとする様々なプログラムを
取り入れ、ただお食事をするだけではなく、両家が親交を深められ
るような機会になること、招いたカップルも招かれたゲストもみんなが
幸せな気持ちになれるような、そんなパーティーがテーマです。
会場装花はレセプション用に用意したブーケとコーディネイトし、
ピンク系のお花でアレンジ。おひとりずつにリボンデコレーションの
プレートフラワーも置き、会場が一気に華やかに。

演出 1:ケーキカット&ファーストバイト
ウエディングレセプションの定番&王道の
ケーキカット&ファーストバイトから。
ケーキもオリジナルのデザインでハレクラニの
パティシエに製作依頼しました。

演出 2:ハワイアンエンターティナー
ゲストの方へのおもてなしの意味を込めて
ハワイアンエンターティナーを招きました。
フラダンサーが踊りを披露してくれるだけでなく
皆さんにフラを教えてくれる時間も設け、
ゲスト全員参加によるフラタイムは楽しい
ひとときとなりました。「本場のフラを教えても
らえて感激!」とゲストからも大好評でした。

演出 3:ブーケプルズ
花嫁がブーケを投げて、それを受け取った方が次の花嫁
になれる。という言われを持つ、言わば幸せのおすそ分け
的な要素を持つブーケトス。室内でのレセプションというこ
ということで、ブーケプルズをすることにしました。遠いハワイ
まで駆けつけてくれた大切な方達ばかりということで、今
回は独身女性だけでなく、女性ゲストに全員参加をして
いただくことにしました。
誰のリボンにつながっているのかな?!

演出 4:ガータトス
日本のカップルには、その内容ゆえか、あまり馴染みのないガータトス。新郎が花嫁のスカートの中にもぐり
ガータを取り出し、投げるというもの。ブーケトスの男性版にあたります。伝統的な手法としては、新郎は手を
一切使わずに、口だけを使って花嫁の足からガータを取りはずします。ガータトスをはじめて体験する日本の
ゲストの方がびっくりされてしまわないように、コーディネーターがその由来などを紹介した上で、伝統に則った
方法で進めました。こちらもブーケトス、プルズと同様に、ガータを受け取った人が次の花婿になるという言い
伝えがありますが、今回は、女性ゲストと同様に、男性ゲスト全員に参加していただくことに。
ハワイローカルの挙式では、ブーケを受け取った女性と、ガータを
受け取った男性が、カップルとなり、結婚へ・・・という言われがある
のですが、このパーティーでもそんな奇跡のような出来事が起こり
ました。なんとブーケを受け取った女性と、ガータを受け取った男性
は、現在お付合い中のカップルでいらっしゃったのです!
今回の主役の花嫁さんも、御友達の結婚式でブーケをゲットした
あと、結婚が決まったそうで、そう遠くない未来に新しい新郎新婦
が誕生するかも!?と、会場は更なる盛り上がりをみせました。

演出 5:花嫁の手紙・レイ&体重ベアの贈呈
花嫁の手紙をパーティーのクライマックスに。
「花嫁さんからだけでなく、ご新郎様もお手紙を書いたらいか
がですか?」とご提案させていただき、まずは新郎から手紙を
朗読。続いて花嫁さんからのお手紙をご両親へ。
お手紙をそれぞれ読んだあとは、花束贈呈の代わりにハワイら
しく「レイの贈呈」を。そして、お二人のお生まれになった時と
同じ重さで作られたテディベアを贈りました。
Qレセプションパーティーはいかがでしたか?
ブーケプルズとガータトスは、友達カップルがゲット!感動しました〜☆ガータトスはローカル式に基づいて実行。
外国のドラマでしか見たことがなかったので、彼がドレスに潜り込んで口で取るのを見てドキドキしました!
エンターティナーの演出は、フラダンサーの人がとても可愛くて、踊りも滑らかで素敵だったし、何よりみんなで
踊れて最高でした。特に私の母は想像以上にノリノリで、やってよかったなぁ。と思いました。ウクレレの人も
人気者でした。日本の歌を歌ってくれたり、ブーケプルズのブーケ争奪戦のときには、激しい曲を弾いてくれたり
場面によって曲調を変えてくれて、その場の雰囲気が盛り上がってよかったです。
ハワイで挙式だからできるのかな?って思っていた「花嫁の手紙」も読むことができて嬉しかったです。
日本の大きな披露宴会場だと、手紙を読むとき凄い離れて読んでるのしかみたことがないけれど、近い距離で
マイクを通さずに自分の声で気持ちを聞いてもらえて本当に良かったです。私が読む前に新郎も母親に手紙
を読んで会場が感動。その後に私だったので、感極まってなかなか読めませんでした(笑)二人から両親への
お手紙の後に、生まれた時の重さで作られた「体重ベア」を贈呈したのですが、これは取入れて大正解でした♪
しかも、ハワイ限定バージョンですごく可愛く♪パーティーが終わったあと、みんな抱いて「軽い〜!重い〜!」
とはしゃいでいました。

ホテル内撮影&フォトツアー
レセプション撮影を終えた後、ハレクラニ
ホテルでの撮影、宿泊ホテルのモアナサ
ーフライダーでの撮影をした後、3時間
程かけたフォトツアーに出かけました。
とにかく写真にはこだわりたい。とおっしゃ
っていた花嫁さんの希望を形にするため
に、オリジナルの撮影プランを作成。
撮影コースは、サンセットの時間などに
あわせ、数箇所を移動しました。

Q.Visionariの撮影を受けてみていかがでしたか?
写真、届きましたー!凄いですね!!感動!!
ストーリーができてるっっっ!!見てて泣きました!!
蘇りますねぇ〜!高くてもよかった!って思いました♪
とにかくジョンもマイクも優しい!
それなので素の私達で撮影に望むことができました♪
朝から夜までずーっと撮影してもらって感無量!
夢だったことが現実にできて凄く嬉しかった☆
これからはどこでもチュウできそうです!(笑)


一年もの間、私をささえてくれてありがとうございました☆ すごい楽しい1年間でした☆
夢を夢で終わらせない、私のしたいことをちゃんと細かいところまで聞いてくれて、ちゃんと覚えていてくれて、それを提供してくれる、
嬉しかったです☆もう結婚してしまって、メールできないんだな〜って思うと寂しい気持ちです・・・。
私が海外へ留学して、黒く焼けてしまって、帰ってきて「花嫁になれない・・・。」と不安になっているときも、
「みんなをプリンセスにするためのプリンセスモールです。」って言ってくれて、一気に不安解消!
日焼けした私を、セレブみたいって言ってくれて、私は調子にのってしまいました(笑)
挙式当日は、朝からずーーーーーーーっと一緒にいてくれて、前から知っている友達みたいな感覚でした☆
これからもどんどんプリンセスを誕生させてください☆私はママになるための準備をします♪そのときは写真を送りマース☆
本当にありがとうございました。
Church Calvary by the sea Party Halekulani Private room
Photo Visionari Jon & Mike Dress Four sis & Co
Produce Princess Mall Wedding Wedding planner  Mitsuyo
       
コーディネートのお申し込みはこちらまで